西川です。

現場における断熱の不良の無いように断熱の検査をサーモグラフィーカメラにより行っております。
実際の欠損は目で見てもわかりません。
外気の影響の出ている箇所が赤くなっていることがこの写真からわかります。

これは屋根面になります。
26360db0
この赤い部分はウレタンにて修繕が必要な箇所になります。
実際の温度差は周囲と2℃くらいでした。
やりっぱなしの仕事ではなくしっかり検証することが次の仕事の精度に出てきます。
表面温度計で更に確認しております。
室内外温度計も用意して温度の違いのある状態で検査しております。
室内外ともに一緒だと温度ムラが出ないですよね。

これは窓面です。
a316c10e
下の部分はコンクリートの床になっております。
だから外気の影響より断熱の下部分は床の冷えている温度の影響を受けている状態です。
左下の点の様にオレンジ色になっている部分は通気口になります。

あくまでこのサーモグラフィーカメラは相対的な周囲との温度ムラを見るためで実際の温度は表面温度計にて確認しております。
一目瞭然でわかりやすですよね。
壁一面一面みて確実に性能を満たす住宅を作るために導入しております。