第一弾
『シロアリの生態』

こんにちは

今日はシロアリについて3つ話したいと思います。

まず1つ目は、『日本にいるシロアリの種類』

日本には17種のシロアリが生息しております。
その中で、住宅に悪さをするシロアリは3種類
①イエシロアリ②ヤマトシロアリ③アメリカカンザイシロアリ
6e6b5803 ※イエシロアリなんて名前からして「自分、家にいますけど何か!?」みたいな名前ですね(笑)
それとアメリカカンザイシロアリも名前からして強そうなイメージが・・・

2つ目は『特徴』

ヤマトシロアリとイエシロアリは土壌シロアリといって水分を重要視しているシロアリ。
基本、湿った木材を好んで食べるそうなのですが、イエシロアリは乾燥した木材も自分で水を運んできて湿らせて食べるとのこと。
そして、アメリカカンザイシロアリは乾材シロアリといって乾燥した木材の中に含まれる水分だけで生息が出来るようです。
さらに、ヤマト/イエシロアリとの大きな違いは、建物下部だけではなく小屋裏にも発生し建物全体に被害を及ぼすそうです。
また、蟻道を作らないことからヤマト/イエシロアリより発見が難しいようです。

3つ目は、『生息地』

この3種類のシロアリは生息地は大きく分けると東日本はヤマトシロアリ、西日本はイエシロアリ、そしてアメリカカンザイシロアリは全国を中心としているそうです。

しかし、最近では西日本を中心に生息していたイエシロアリが関東地方でも出てきているそうです。


最後に改めてシロアリについて書いてみると、本来、日本には居ないはずのシロアリがいたり、暖かい地域を中心に活動していたシロアリが北上しているなど、少なからず地球温暖化の影響は出てきているんだと思います。

それに、現状のシロアリ対策で大丈夫なのか!?
という疑問も浮かびました。

なので、次回は『シロアリ対策』について書きたいと思います。