こんにちは

今日は地震から家をまもる耐震・制振・免震についてお話しします。

まず、みなさんも耐震や制振、免震といった言葉をテレビや広告などで一度は聞いたことはあるのではないでしょうか。

ですが、その3種類がどういったもので、どういった特徴があるのか分からない方もいると思います。
事実、私もこの業界に入るまでは、全く分からず『メーカーが出した商品なのかな』っと思っていました(笑)


なので、今日はその3種類の仕組み・特徴を簡単に説明したいと思います。


まずは最初はそれぞれの仕組みから説明します。

①耐震とは

建物自体を強固なつくりにすることで、建物の倒壊を防ぐものになります。

②制振とは

地震や強風などによる建物の揺れを軽減するもの。

③免震とは

地震の揺れを建物に伝えないようにするもの。
耐震・制振・免震ってなに??
次は、それぞれの特徴についてご説明します。

【耐震】

メリット :台風などの強風でも揺れない。
      地下室の設置制約ない。
      小さな地震(震度1や2程度)では揺れない。
      制振・免震に比べ費用負担が少ない。

デメリット:地面からの揺れをそのまま受けるため建物の揺れが大きい。
      地震のたびに、建物の損傷が進む。
      制振・免振と比べ家具の転倒が多くなる。
【制振】

メリット :強風(台風)では、ほとんど揺れない。
      揺れを抑え、構造体の損傷を軽減できるため、繰り返しの地震にも有効。
      家具の転倒は2階から上階が軽減される。

デメリット:耐震と比較するとコスト増加。※一般的に50~100万の追加費
      間取りを自由度を制限される可能性がある。
       ※制震装置は構造計算のもと設置場所を決めていきます。

なので、「ここに大きな窓が欲しい」という要望があった場合も制震装置の配置により適えられない可能性も出てきます。

【免震】

メリット :家具の転倒は、階数を問わず大幅に軽減される。
      建物が大きく揺れないので、建物の損傷が大幅に軽減される。

デメリット:強風(台風)のときは2階から上階が揺れる。
      設置コスト大
      軟弱地盤などでは免震装置の設置が困難。



まとめ

耐震構造は現在の住宅では殆ど取り入れており、
それにプラスして制振装置(ダンパーなど)を取付けたりしているのが現状になってます。

免震構造は一般的にはビルやマンションなどに多く取り入れられてます。
戸建住宅でも行うことは可能なのですが、費用が多くなったり、地盤によっては困難な場合があります。

そして最後に、先ほど制振のデメリットであげた『間取りを自由度を制限される可能性がある。』と書きましたが、間取りの自由度を制限せずに設置できる商品を次回ご紹介したいと思います。